母体を守る|中絶手術を受ける|任せられる医師を見極める

中絶手術を受ける|任せられる医師を見極める

母体を守る

病院

妊娠中絶を行なうときには、胎児の成長が進む前に施術を受けることが大切です。大阪の婦人科では妊娠中絶の施術を行なっていますが、手術方法は妊娠週数によって異なります。妊娠週数というのは最後に生理が終わった日から数え始めるもので、胎児の成長を正確に把握するために必要な数え方です。生理がなかなかこないことで妊娠が発覚したときには既に妊娠週数が進んでいますが、そういったときでも正確に妊娠週数を数えるために日頃から生理があった日を記録しておくことが大切です。大阪の婦人科で妊娠中絶手術を受けたい場合には、初めにカウンセリングを受けて今が妊娠何週目であるのか調べるので、最後に生理があった日にちを伝えましょう。大阪でも安全に妊娠中絶を行えるように妊娠何週目であるかによって受けられる手術が法律で定められています。胎児が大きく育っている場合には妊娠中絶を行なうと母体が危険にさらされるので、妊娠22週を超える妊娠中絶手術は行なえません。中絶手術を行える期間の中でも更に妊娠初期と中期では手術方法を変える必要がありますが、大阪で行われる妊娠初期の中絶手術は痛みがなく短時間で完了するため人気があります。妊娠初期の手術の場合は胎児がまだ小さいので器具を用いて子宮から取り除くという施術方法が行なえます。胎児が小さいときの方が手術は比較的簡単に行なうことができますが、見えにくい大きさの段階では手術がしづらくなるので、妊娠5週目から11週までの期間が行いやすいと言われています。妊娠初期の施術方法は子宮内にスプーン状の器具を挿入して細胞をかきだす方法と、管を使用して細胞を吸引するという方法がありますが、麻酔を使用して手術を行なう場合痛みがありません。