中絶手術を受ける|任せられる医師を見極める

無痛で手術を行なえる

カウンセリング

妊娠中絶には負担がかかってしまうことが多いですが、東京の産婦人科では無痛の手術を行なっているので安心して手術を受けられるのです。土日でも手術を受けられるので、すぐに受診することができます。

母体を守る

病院

大阪の婦人科で妊娠中絶の手術を安全に行なうためには妊娠週数22週を超えずに行なう必要があります。これは母体を守るために法律によって定められたもので、その中でも妊娠初期と中期によって異なる手術方法を行ないます。

大きな決断だからこそ

悩む女性

第三者を介して判断をする

妊娠した赤ちゃんをおろすことを『妊娠中絶』と言います。この妊娠中絶に対する考え方や価値観は宗教などによっていろいろありますが、自分自身や生まれてくる子どもの将来を考える際には必ず選択肢のひとつに入れておく必要があると思います。妊娠中絶をするかどうかを決める時に重要なのが専門家であるお医者さんにきちんと相談をしてアドバイスをもらうことです。カップル間、あるいは夫婦間だけで話し合いをするよりも第三者を間にはさんでコミュニケーションを取った方がお互いに冷静になれますし、そうすることで感情的にならずに妊娠中絶をするかどうかの判断をすることができます。もちろん、両親などの家族に相談をすることができるのであればそれでもいいと思います。しかしながら、なかなか妊娠をしたことを切り出せない場合もあるでしょうし中絶をできる期間も決まってきますから、いざと言う時にはきちんとプライバシーを守ってくれるお医者さんのもとに行ってみるのも効果的な一手です。

専門の病院もあります

妊娠中絶はれっきとした医療行為ですからできるだけ最新の設備が整った産婦人科などにお願いをするべきです。そういう意味では思い切って大阪まで足をのばしてみるというのも悪くありません。また、妊娠中絶することをできるだけ周りの人たちに隠しておきたいという場合にも地元から離れた大阪まで行って中絶手術を受けることをおすすめします。大阪にはたくさんの産婦人科があるだけでなく、地元の人以外にも観光客などを含めていろいろな人が往来をしていますから妊娠中絶に行ったとしてもまず目立つ心配はありません。ほかにも、最近では妊娠中絶を専門に取り扱っている産婦人科が大阪などの都会を中心に増えてきました。そういった病院であればお医者さんの中絶手術の腕が確かであるということもありますし、何よりメンタル面でのケア体制がしっかりとしているので安心してお願いをすることができるはずです。

中絶の方法や時期

ドクター

理由があって出産を希望しない場合は人工妊娠中絶をすることになります。大阪の婦人科では、中絶手術を受けるときに初期と中期で方法が異なるのです。母体の安全を考えるのであれば早めに行ないましょう。